沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

メインマークグループの総合力

メインマークグループはワンストップでお客様のお悩みや課題を解決に導きます

「傾いた床や建物を水平に戻すこと」「今ある床や建物を傾かせないこと」を主な事業内容とするメインマークは、沈下修正・空洞充填工事をメインに、建物下の地盤改良・地盤強化、建物の傾き修正、構造物の振動解析、液状化対策工事などお客様のお悩みに合わせた様々な工事をご提案から施工まで一貫したサービスをワンストップで提供しております。

メインマークグループの主な取り扱い商材

確かな技術と豊富な実績で最適な工法を選定・施工

お客様のニーズと建物の構造的問題や施工条件、地中(地盤)の状況に合わせた最適な工法を選定。時には2種類以上の工法を組み合わせたハイブリット工法を採用し多様なニーズに合わせたご提案・設計・施工を行います。
下記以外にも取り扱いがございます。お気軽にお問い合わせください。

主な取り扱い商材一覧
床の沈下対策
床下の空洞対策
道路下の空洞対策
テラテック工法
・特許:第4896949号
・施工保証(要審査)
大掛かりな床の解体を必要とせず通常業務への支障もなく、建物の床下や道路下の空洞に硬質ウレタン樹脂を注入し、空洞の充填、床の沈下・傾きを直す特殊ウレタン樹脂注入工法
テラフィル工法 透水・不透水を選べるセメント系軽量充填・盛土工法
建物の傾き対策 JOG工法 グラウト材を基礎下に注入することで建物の傾きを修正する薬液注入工法
耐圧版工法 基礎下に敷設した耐圧版(鉄板)を反力板とするジャッキアップ工法
アンダーピニング工法 基礎下に建物の荷重を反力として鋼管を圧入~支持杭を構築し、沈下修正を行うジャッキアップ工法
ヘリカルピア工法 貫入回転杭(へリカルピア杭)を支持地盤まで回転圧入し、構造物の沈下修正を行うサイドピニング工法
沈下抑止対策 高圧噴射撹拌工法 建物と支持地盤の間にある弱い地盤にセメント系固化剤を回転噴射し改良体を構築する地盤改良工法
GSIS工法 調査結果(SWS試験)に基づき、浅層部の弱い地盤にダイレクトに薬剤注入する地盤強化工法
ディープインジェクション工法
・特許:第3916091号
構造物下の弱い地盤に硬質ウレタン樹脂を注入し、樹脂の膨張・充填により地盤の強化を図る地耐力強化工法
アンダーピニング工法 基礎下に建物の荷重を反力として鋼管を圧入~支持杭を構築し、構造物の沈下を抑止する工法
ヘリカルピア工法 貫入回転杭(へリカルピア杭)を支持地盤まで回転圧入し、構造物の沈下を抑止するサイドピニング工法
液状化対策
地すべり対策
非開削式地下水位低下工法
・NETIS:KT-180008-8-A
表面開口率75%以上の集排水管(MPDパイプ)を開削せずに、推進工法で敷設する地下水位低下工法
建築物の構造調査 Biot モニビル 振動解析技術を利用した構造調査
【今を知る】建築物の現状調査
【明日に備える】建築物のリスク調査
【変化を知る】建築物の異常/変化検知
建築物の構造コンサルティング 製品開発コンサルティング 構造に関する製品開発コンサルティング
・製品開発支援
・性能確認支援
・評定取得支援
製品運用コンサルティング ・構造に関する設計コンサルティング
・業務改善ソフトウェアの開発

会社概要

会社名 メインマーク株式会社
設立 平成13年7月5日
所在地 東京都江戸川区西葛西5-2-3 NEXTAGE西葛西ビル7F
連絡先 TEL:03-5878-9101  FAX:03-5878-9102
決算期 6月
代表取締役 川口 太
資本金 1,000万円
従業員数 71名(2021年09月時点)
建築業許可番号 国土交通大臣許可(般30)第22777号
事業内容
  • コンクリート土間床の傾き修正/段差解消工事
  • コンクリート土間床下などの空洞充填工事
  • 工場/倉庫の害虫対策工事
  • 既存建物の傾き修正工事
  • 既存建物下の地盤改良/強化工事
  • 地中空洞充填工事による陥没防止工事
  • 液状化対策/盛土造成地の滑動崩落対策工事
  • 建築物の振動調査/解析/コンサルティング
  • 日本の耐震技術/地盤改良技術を海外へ輸出する業務