ガイアモール工法

都市部の液状化対策を大きく進める新・地下水位低下工法「ガイアモール工法」

東日本大震災以来、多くの専門家が液状化被害を最小限にとどめるために様々な技術開発を行ってきました。特に、市街地における液状化対策工事は、生活道路や道路下にある様々な埋設管に配慮し、日々の生活への負担を最小限に抑える工法が求められています。

そんな中、メインマーク株式会社は「地下水位低下工法」の新しい工法である『ガイアモール工法』の施工権利を取得しました。「地下水位低下工法」は、液状化地盤の水位を下げ、液状化の可能性がある液状化層から水を抜くことで地盤の液状化を防ぐ方法です。 

これまでの「地下水位低下工法」は、地盤から水を抜くためのドレーンと呼ばれる集・排水管を敷設するために地上部を開削し、敷設後にまた埋め戻すという作業が必要でした。この方法では、住宅地での施工は実質不可能でした。ドレーン敷設のための開削は道路を閉鎖することになるからです。また、施工する場所によっては地上構造物や地中埋設管の移設が必要になります。ドレーンの埋設も地表から3mくらいまでが限度でした。さらにドレーンの目詰まりによる排水力の低下も課題の一つでした。

『ガイアモール工法』は、地上部を開削せずに推進工法で特殊集・排水管「MPドレーン」を敷設するため、地上構造物や既存の地中埋設管などの影響を受けにくく、地表から5mくらいまでの深さまで対応でき、工期短縮、地上部作業占有面積の削減など多くのリットがあり、市街地の液状化対策工事に最適な工法ということができます。

専用の集排水管「MPDパイプ」について

「ガイアモール工法」に欠かせないのが専用の集排水管「MPDパイプ」です。従来品の樹脂製有孔管に比べ、開孔率、空隙率がとても大きく、 集水性能が格段に優れています。点ではなく面で集水するためフィルター部の目詰まりも起こしにくくメンテナンスも容易です。
また、圧縮・扁平強度も大幅に強化。この専用の集排水管「MPDパイプ」を製造・販売しているのが当社の関連会社メインマーク・アクアテック株式会社です。

※強固な継ぎ手で必要な長さに対応します。
「MPDパイプ」を製造しているメインマーク・アクアテック株式会社はこちら

PAGE TOP